MENU

痩せていても肉割れはできる

痩せていても肉割れはできる

 

肉割れの原因で勘違いをされているのが太ったらできることです。

 

そのため、痩せているのに肉割れができたなんて間違っている人もたくさんいます。
根本的な原因は皮膚の断裂によって、赤い線や紫色の線が入るのが原因となっています。

 

脂肪が増加することでできやすいのは間違いではないのですが、それだけではないのですね。
そのため、太っていても肉割れができていない人もいますし、痩せていても発症をする人はいます。

 

肉割れを消す為にケアをするのであれば、まずは原因を正しく理解しなければ治すことはできません。

 

ここでは太っても痩せても肉割れができる原因について解説をしていきます。
痩せてるのに線ができた人で消したいのならご覧ください。

 

肉割れができる根本的な原因は皮膚が断裂すること

 

肉割れができる原因は皮膚が切れてしまうことです。

 

短期間で急に太ったり筋肉が増えるとその分、各部位のサイズは大きくなりますよね。
しかし、皮膚は急には成長できません。

 

そのため、短期間で急激に体が大きくなってしまうと皮膚が引っ張られ切れてしまいます。
その切れ目が肉割れです。

 

つまり、急激に太ったり筋肉を大きくしてしまうと、その分皮膚が引っ張られ、耐えられなくなって切れてしまうのですね。

 

太っていても痩せていても肉割れができる理由!脂肪の増加が原因ではない

 

太っていても痩せていても、体系に肉割れができる理由は関係をしています。

 

それは原因から考えることで、理解をすることができます。
皮膚は乾燥するとカサカサになるだけでは無く、弾力や伸縮性も失われしまうのです。

 

そのため、痩せていても乾燥肌だと少し太っただけで、皮膚は引っ張られ切れてしまいます。
つまり、太っていても痩せていても、肌が乾燥していると、皮膚は引っ張られると切れてしまうのですね。

 

社会人になるとストレスや飲酒などによって、脂肪が急激につきやすくなってきます。
そのため、脂肪が原因で肉割れができてしまう人もたくさんいます。

 

しかし、根本的な原因は別なので痩せていても肉割れができてしまうことがあるのですね。

 

痩せているのに肉割れができた人のケア!乾燥を保湿してケアすることが大事

 

痩せているにも関わらず肉割れができた人はダイエットはあまり効果的ではありません。
根本的には乾燥をして肌の弾力が失われてしまったので、ちょっと脂肪や筋肉が付いたことで切れてしまっています。

 

そのため、生活習慣の改善に加えて、保湿力の高いクリームを使ってケアをしていくのがおすすめです。

 

日々のストレスや寝不足や運動不足は血流の悪化につながら、肌の働きを低下させてしまいます。
その代表的なのが乾燥でカサカサとなり、弾力が失われていきます。

 

生活習慣の改善をしながら保湿成分が豊富なアフターケア用の肉割れクリームを使ってケアをしていくようにしましょう。

 

まとめ

 

肉割れは太ったらできる訳ではありません。
急激な脂肪や筋肉の増加に加えて、肌の乾燥による弾力の低下が原因となっています。

 

そのため、痩せていても肉割れの線はできてしまうのですね。

 

痩せているのに肉割れができたって人はまずは生活習慣の改善をしましょう。
そのうえでアフターケア用のクリームの中でも保湿成分が豊富なのを選びましょう。

 

きちんとクリームで予防をしてこれ以上線が増えないようにしつつ、肌を整えることで薄く目立たなくなってきます。

 

 

具体的な自宅や病院での肉割れのケアについては下記をご覧ください。
すでに出来た肉割れをクリームやレーザーで簡単ケア