MENU

肌の乾燥は肉割れの原因となる

 

肉割れの原因として多くの人が勘違いをしているのが太るとできることです。

 

デブ線や脂肪線とも呼ばれる肉割れ線はたとえ痩せていても発症をすることがあります。その原因として乾燥をすることがあげられます。
特に痩せていたり、20歳を過ぎてから肉割れが発症をしたのであれば、乾燥をしている可能性は高いです。20歳を過ぎると生活習慣の乱れと角質層内の保湿物質が減少をたどる一方になります。

 

そのため、肌が乾燥をしやすく様々な肌トラブルに悩まされやすいですが、肉割れもそのひとつです。

 

肌が乾燥をすると弾力性が弱いため、切れやすくなっています。
分かりやすい例で言うと、冬場に口が乾燥していて切れてしまったなんてことはありませんか?

 

肌の水分が少なく乾燥していると皮膚が切れやすくなるのですね。
それは肉割れなどであげられる、真皮が切れやすいのも同じことが言えます。

 

20歳以上の人で肉割れができてしまった人向けに保湿対策や肉割れケアについて解説をしていきます。

 

肌が乾燥をすると肉割れができる原因を解説!乾燥肌の人は特に注意

 

先ほどもあげたように肌が乾燥していると肉割れがおきやすいです。
そのため、乾燥肌の人は常日ごろから注意をしなければなりません。

 

化粧品などで顔に保湿をする人は多いのですが、お尻やお腹なども気おつけている人は少ないです。

 

肉割れは肌を形成している組織の中でも絶対に気づかないように気おつけなければならない組織である真皮が傷ついてしまうことにより起きます。

 

真皮はターンオーバーをすることはないので、一度傷つくと修復することはできないのですね。

 

肉眼では目立たないように消すことはできるのですが、予防をしているのと傷ついたのを消すのとでは大変さが異なります。
乾燥肌の人は常ひごろから肉割れ対策としてクリームを塗るなどした方が良いです。

 

真皮が傷ついてしまった後では後悔してもしょうがないですからね。

 

肉割れケアの基本は保湿!予防も消すも両方とも保湿が大事

 

肉割れは日ごろから保湿をして皮膚組織に水分を補給してあげるのが必要となります。

 

それは予防対策と消す対策とどちらのことでも言えます。

 

皮膚にペプチドやヒアルロン酸などの保湿効果のあるクリームを塗ることによって、肌がうるおいとハリをとりもどすので肉割れが置きづらいようになります

 

予防効果が得られるのですね。

 

肉割れが既に起きた人であればペプチドなどで保湿をすることで、うるおいとハリを持たせることができます。
そのため、肉割れを消す(肉弾では目立たなくする)ことができるのですね。

 

肌を保湿することによって、バリア機能を高めることができるので、肌トラブルがおきづらい美肌を作り出すことが可能となっています。乾燥肌の人もそうではない人も常日ごろから顔の化粧品だけではなく、ボディのクリームを塗るなどして、保湿対策をしっかりとしましょ

 

すでに肉割れができた人の線を薄くするケア!保湿と肌を整える

 

すでに肉割れがお尻やお腹や太ももにできた人のケアとしては保湿と肌を整えることが大事です。

 

肉割れは治ることがない!
これは間違いではなく、真皮と呼ばれる細胞まで切れてしまえば、その細胞は治りません。しかし、見た目が薄くすることはできます。

 

皮膚が切れて肉割れ線ができた部分の肌はガタガタとなっています。そのため、整えることによって肉眼では薄くなったようになり、目立たなくなってくるのですね。

 

そのためのケアとして必要となるのが保湿と肌を整えるの2つです。

 

肉割れクリームは様々な物が販売がされていますが、アフターケア用のクリームが販売されています。保湿成分や美容成分などの中でも肌を整えることと保湿に重点を置いて成分の配合がされています。

 

そのため、アフターケア用のクリームを使うと共に、クリームを塗る際にはマッサージをしながら、代謝を高めるようにしてください。

 

すでに出来た肉割れを消したい人専用サイト!肉割れ救急隊