MENU

ダイエットをしても痩せても肉割れができる

ダイエットしても肉割れはできる

 

痩せようと思って、ダイエットをしたのに肉割れができていた、なんてことはありませんか。

 

せっかく綺麗になろうと思って痩せたにもかかわらず、赤い線や白い線が入ってしまい、がっかりしてしまう人は多いです。
肉割れは、急激に太ることでできると思われていますが、それだけが原因ではありません。

 

根本的な原因は他にあるので、ダイエットをして痩せたとしても、肉割れができてしまう可能性があるのですね。
ここではダイエットをしたら肉割れができた原因について解説をしていきます。

 

なぜできたのか、理由がわかっていなければ症状の悪化やケアをすることもできません。
そのため、同じような状況の人はご覧ください。

 

ダイエットは肉割れができる原因になるので注意!根本は脂肪や筋肉の増加

 

これからダイエットを始めれば、肉割れを防げると思っている人も注意が必要となります。

 

これも原因を理解することで、肉割れができてしまう可能性があるのが理解できます。

 

ダイエットすることで、肉割れができてしまうのは、筋肉の増加・乾燥・栄養不足などが関係しています。

 

  • 食事制限をする
  • 筋力トレーニングをする

 

この2つは痩せたいと思っている人の多くが実践をすることです。

 

肉割れの原因の中でも、ストレスの解消や運動不足などを、改善していることではあります。
しかし、過度にやりすぎてしまうと、逆に肉割れの原因となってしまうのですね。

 

食事制限により肉割れができる原因!栄養不足からの肌の低下

 

ダイエットと言えば食事制限も運動ですよね。

 

まずは簡単に実行出来そうなのが食事制限です。
しかし、短期間で早く痩せたいと思うあまり、断食や極端に食事の量を減らすダイエットは逆効果になります。

 

体の機能に必要な栄養素が不足してしまうからです。
栄養不足から血行不良やホルモンのバランスが乱れ、女性は生理不順になりかねません。

 

食べたいと思う欲求がストレスとなって反って、肌を乾燥させることになってしまいます。
その結果、ぽっちゃり程度のリバウンドでも、肉割れができてしまう可能性があります。

 

運動が肉割れができる原因にもなる!急激な運動不足の解消は筋肉の増加

 

健康的に痩せたいと望むなら運動ですよね。

 

血行がよくなる運動は、新陳代謝が上がるので脂肪を燃焼させるには効果的です。
苛酷な運動なら、短期間で体脂肪を減らす事は出来るでしょう。

 

しかし、筋肉が必要以上に増えてしまうことがあります。
そのため、鍛えた部位が筋肉で太り肉割れができてしまう可能性があります。

 

ダイエットで痩せたら肉割れは消える?痩せると肉割れは薄くなるのか?

 

すでに肉割れができている皮膚は、急に痩せてしまうと反って、目立ってしまいます。

 

無理に引き伸ばされてしまった皮膚は、元には戻りません。
痩せた分、急に張りを失うのですから表皮は、縮んでシワになります。

 

そのため、縮んだ皮膚がたれてしまうと目立ってしまうのですね。
痩せることで肉割れが目立ってしまい、薄くなるとは正反対になることもあります。

 

また、急激な運動による筋肉の増加や食事制限での運動不足で肌の乾燥もまねきます。
そのため、肉割れができる原因になってしまうこともあるのでうsね。

 

ダイエットをすれば肉割れが消えるのではなく、ケアをすることが必要となります。

 

まとめ

 

肉割れの原因は皮膚が断裂をしてしまうことです。
多くの人は乾燥をした状態で太ったことが発症をする理由となっています。

 

そのため、ダイエットをして痩せれば消えると勘違いをしている人も多いです。
根本的な原因を理解していなければ逆に肉割れ線が増えてしまうこともあるのですね。

 

すでにできた肉割れのアフターケアをして消したいのであれば、クリームなどでケアをすることが大切です。
そして、急激にではなく、健康的に少しづつ痩せていくことで新たに線が増えるのを防ぐことができるようになるのですね。

 

具体的な自宅や病院での肉割れのケアについては下記をご覧ください。
すでに出来た肉割れをクリームやレーザーで簡単ケア